ESSAY
■戻る■ ■目次■ ■次へ■
 

 

■カルテット■

■真夜中の朗読者■


■ 解剖学実習室■

■水盃■

■ラジオの世界■

■「すべて言葉は」■

■音の記憶■

■江戸吟行■

■血天井と比叡山■

■言葉を贈る■

■安息日■

■長靴■

■国際化またはグローバリゼーションのこと■

■やはり言いたいことあり■

■ふたりめの父を喪って■

■踏み潰されたバイオリン■

■亡き友に捧ぐ■

■定期健診その効用と間隔のこと■

■50年目のクラス会■

■"白寿”の義父と"卒寿”を超えた義母のこと■

■”ドロミテ・ヴェネツィアへの旅ーつづき■

■”ドロミテ・ヴェネツィアへの旅”■

■”ベルリン・ドレスデンへの旅”■

■ウンブリアの旅■

■まぼろしとなったカルテッ ト■

■オペラと歌舞伎(3)■

■「障がい者」という表現と教養■

■オペラと歌舞伎(2)■

■中学生時代の日記■

■オペラと歌舞伎( 1)■

■ある中学教師の思い出■

■病室で逢った二人の師■

■記憶に残る映画■

■大好きなヤマトへ■

■父の辞世■

■旅たびたびローテンブルク■

■開かずの間の記憶■

 

 
■戻る■ ■目次■ ■次へ■